Webmemo

Web制作の備忘録

0605−カテゴリの投稿個別ページのタグ

製品カテゴリーの個別ページの判別のために、最初はis_singleを使っていましたが、

このタグだとカスタム投稿タイプの記事と重複してしまい、任意の画像が表示できません。

is_homeなどの条件分岐でカテゴリ毎や固定ページに画像を … より

カテゴリの個別投稿ページの判別に「in_category」を使用します。こうすることでカテゴリの個別投稿ページを変更することができます。

 

また、この記事を読むまで、下記のように記述していました。

<?php elseif(is_page(‘products’)||is_category(‘products’)||is_category(‘hose’)||is_category(‘rubber’)||
is_category(‘plastic’)||is_category(‘others’)||is_category(‘another-company’) || in_category(‘products’)) : ?>

複数のカテゴリスラッグをまとめて設定するには、配列を利用することで可能。

<?php elseif(is_page(‘products’)||is_category( array(‘hose’,’rubber’,
‘plastic’,’others’,’another’))||in_category( array(‘hose’,’rubber’,
‘plastic’,’others’,’another’) )): ?>

 

これで、配列を使いカテゴリとその個別ページにまとめて設定することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)