Webmemo

Web制作の備忘録

「”コンテンツ”をどうデザインするか?」レポート

先日こちらのイベントに参加してきました。

「“コンテンツ”をどうデザインするか?」レクチャー・トークセッション …

スピーカーを勤めるのは株式会社コンセントの皆さん。

私、実はコンセントの方のお話を聞くのは2度目です。1度目は

札幌でのイベント「Director’s Night vol.4」 – 株式会社コンセントで拝聴しています。

(このイベントのレポートまだ書いてない…汗)

【参加した理由】

peatixで発見。現在企業のWebサイト制作に携わっているため興味を持った。

【各スピーカーさんのレクチャーまとめ】

1.金子まやさんによるレクチャー

現在は情報が溢れており、発信した情報が受け取ってもらえるとは限らない。

(例:メルマガ…企業から届くメルマガを受け取った人は無意識に自分に必要な情報か選別し、

いらなければ配信を解除。読んでもらうために企業はさらに配信数を増やしてしまう)

届けたい相手に届けるために、コンテンツストラテジーという概念が重要になってくる。

エディトリアルストラテジーが個々の内容を戦略的に扱うとしたら、コンテンツストラテジーではコンテンツ全体を戦略的に扱う。

KPIを設定し、相手の文脈に添った、PDCAが回せるようなコンテンツ設計が特徴。実現のためには4つのフェーズがある。

写真 2015-05-29 19 18 01

2.高橋裕子さんによるレクチャー

高橋さんがアートディレクターを勤める「オレンジページ」での特集を例としたレクチャー。

オレンジページのターゲット:30代後半の女性。暮らしがテーマで、かつ創刊30年なので幅広い年齢層がターゲットとなる。

大人数で雑誌を作る上で大切になってくることは、コンテンツの狙いを定め認知してもらうこと。

コンテンツの狙いとして抑えておきたいのは、なにを/だれに/どう見せるかの3点。

求められているものを把握し、どう受け取って欲しいかを定める。

コンテンツの狙いによって、伝え方が変わって来る。

写真 2015-05-29 19 23 06

例:オレンジページでの特集に。

写真 2015-05-29 19 24 35

2012年の特集と2014年の特集では、デザインの方向性が変わっている。

3.中岡慎介さんによるレクチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)